×

CATEGORY

CATEGORY

各種ご案内

金崎さんちのBlog
お米のソムリエ
金崎さんちのお米
HOME»  無孔袋とは

無孔袋とは

 米袋に入れて保存しておいたのに虫やほこりがついていた、そんな経験ありませんか?
通常の米袋には丸い通気穴が開いており、その穴を通してお米は外気との調和を図っています。
でも、この穴から虫やほこりも一緒に侵入してしまうので、袋に入れたままでの保存は好ましくありません。

 金崎さんちのお米「通常パック詰め」に使用している袋は、その通気部に特殊構造をほどこした”無孔袋”と
呼ばれるものです。ほこりや虫の侵入をシャットアウトするだけでなく、軽い水濡れまでも防ぐ衛生的な袋です。

この無孔袋に入ったおすすめ10キロセットはこちら

米袋のサイド部分が通気部です。
空気を通しても虫やほこりはシャットアウトします。